HOME > 事業内容 > 株式公開支援 – IPO(Initial Public Offering)

株式公開支援 - IPO(Initial Public Offering)

ディープインパクトは、日本の新興市場である東証マザーズおよびジャスダックの両方の市場に上場した企業に対して株式公開支援実績を有しております。経験に基づいたアドバイザリーを提供することにより株式公開を実現させます。

ディープインパクトの株式公開支援の特色

1.豊富な株式公開実績
ベンチャー企業が上場する日本の新興市場は東証マザーズとジャスダックです。ディープインパクトは両方の証券取引所市場に上場したクライアントに対する株式公開支援実績を有しております。
2.クライアントと一体となったハンズオン型支援
口頭により助言を行うだけではなく、クライアントの担当者と一体となり実際に使用する資料の作成まで行うハンズオン型のコンサルティングを提供します。ハンズオン型のコンサルティングを行うことで、クライアント担当者のレベルアップを図ることができます。
3.多様な専門家による総合的なサポート体制
ディープインパクトは公認会計士、税理士、経理実務経験者など、多様なフィールドの出身者で構成されています。個々の専門性を統合したサービス提供を行うことにより、株式公開準備時の各フェーズに応じた総合的なサポートの実施体制を構築しています。

決算体制・管理体制構築コンサルティング

株式公開に向けた決算体制や管理体制の構築支援をサポートします。

  • 経営管理、予算管理体制の構築支援
  • 事業計画作成支援
  • 月次決算・連結決算体制の構築支援
  • 決算早期化・適正化支援
  • 原価計算制度の構築支援
  • 組織の整備、諸規程の作成支援
  • J-SOX対応、導入コンサルティング

証券取引所・証券会社・監査法人対応コンサルティング

株式公開のためには証券取引所・証券会社・監査法人の審査・監査を受ける必要があります。
証券取引所・証券会社・監査法人の対応を、実際の経験に基づきサポートします。

  • 上場審査上・証券会社の指摘事項に対する対応支援
  • 証券会社の行う引受審査の事前準備支援
  • 証券取引所の現地調査及びヒアリングへの対応支援
  • 証券取引所・証券会社の質問事項に対する回答書作成支援
  • 監査法人指摘事項への対応支援

株式上場申請書類作成コンサルティング

株式上場申請書類の作成、上場時の審査対象となる開示体制の構築支援をサポートします。

  • 上場申請書類(Ⅰの部)の作成支援
  • 決算短信、四半期報告書のテスト作成支援
  • 四半期開示体制の整備支援

資本政策コンサルティング

資本政策は株式公開検討から株式公開後まで続く継続的なプロセスです。
初期段階の政策検討から実行段階にいたるまで継続的にサポートします。

  • 資本政策策定支援
  • ストックオプション導入支援
  • 資本政策実行フェーズにおける継続コンサルティング
  • 資金調達時の交渉支援
  • ベンチャーキャピタル紹介

space